2019年6月5日水曜日

Key On Layer Mix2を使用する

前回Key On Layerの使用方法をBlogで紹介しました
この方法で間違いはないのですが、MixMode Matte とは仕様が違うので
Matteの操作感に近いKey On Layerの操作方法を紹介します
前回のおさらいという事で下図はKey On LayerをMix1で行っている様子です

Mix1のみ
この方法で操作するとLayer2(青のクリップ)のポジション移動やEffectをかけるとKeyとされているLayer3も連動してしまう もちろんこの方法ははまれば非常に楽な方法です

しかしLayer2,3を個別に操作出来ていたMatteとは違います

そこでMix2をOutputで設定をしMix1のLayer2にMix2のMasterをRelayを使用することで
Matteと似たような操作感になります


Outputセッティング
赤枠Add New MixでMixを追加
赤になっているのがMix2です 解像度は肝心です(水色枠) 今回は1920x1080で作成 Outputサイズ(青枠)は表示されないので的に小さくして良いです




Mix1 Layer2 Relay
Mix2の追加が終わったらMix1のLayer2 Relayの設定 
ソースをRelayにし上記赤枠で設定 ここではMix2のMaster



Mix2
Mix2の設定は上記特にKeyやRelayの設定はありません

設定は以上です







2019年5月31日金曜日

V4.4.3リリース

V4.4.3がリリースされました

新機能は
・スペースバーによるタイムラインのポーズ・再生を示す為に、
    タイムラインウィンドウにハイライトを追加。
・プリセットを伴うMixとViewportにファクトリーDMXパーソナリティ
   を追加。
・PREPユーザーがボーダー(境)の無い出力設定を可能。
・MultiControllerにKinesys K2 Automation Protocolを追加。

となります ユーザー様はリリースのご案内メール内のダウンロードURLから
ダウンロードをお願い致します

HippoNet 接続出来ない場合に

HippoNet経由でV4同士を見る事が出来るのは皆さん知っていることですが
相手を見ることが出来ない場合 幾つかチェックをする個所があるのでご紹介します
1. EtherNetケーブル
 断線等無いか確認 交換をしてみる
2.NetWork SW
タリーが帰ってきているか確認 Layer分けされていればその設定の確認 交換してみる
3.Network のIPが正しいか確認
上記はNetworkの機器を扱う場合良くある項目です

4.ZookeeperのNetwork Adapterの設定とHostのNetwork Adapterの設定
これはHippotizer独自の設定になります

Zookeeper Network Adapterの設定個所は下図です
先ずはスイッチボードに行き 右上の歯車マークをダブルクリック
Zookeeper スイッチボード
HippoNetが緑字になっている事を確認 なっていない場合はHippoNetを選んで
Set Default Adapterボタンをクリックし選択
Zookeeper Network Adapter設定

次にHostのNetwork の設定です

Windows Tool BarのEngineアイコンをダブルクリック
Windows Tool Bar

HOSTの設定が開きます
Network SettingのタブからHippoNetが緑字である事を確認 なっていない場合はHippoNetを選んでSet Default Adapterボタンをクリックし選択
Host Manager
チェック項目は以上となります



2019年4月12日金曜日

Key on layer

V4.4.2からMixerModeのMatte Mixモードが廃止され Matte Mixモードの代わりに
Key on Layer が出来ました 他のレイヤーをキーソースとして使用します。
使い方は下の絵で説明すると
Layer1にバックグラウンドになるクリップ
Layer2にKey で抜きたいクリップ 
Layer3 Keyとなるクリップ

Layer2のKey on Layerの設定(下の絵の赤枠部)
1の項目をKEY
2の項目をMix番号 Mixが1つならばMix1
3の項目をKeyとなるクリップのLayer番号 今回はLayer3(Visible)

という事になります


アウトプットはこのようになります



2019年4月11日木曜日

Windows10ショートカット

V4でZookeeperのモニターがメインディスプレイで立ち上がってこなかった場合に
このショートカットを使うと便利に設定が出来ます
Winキー+矢印キー
手順はZookeeperのモニター右クリックディスプレイセッティングをクリック
アウトプットのモニターに設定画面が出ている状況でWinキー+矢印
これでアウトプットにあるディスプレイセッティングをZookeeperのモニターに持ってくることができます

2019年3月16日土曜日

V4.4.2 DMX2パーソナリティ 

DMX2のパーソナリティをExportしImportする場合 Import後にEngineをリスタートし
Auto Patchでパッチのし直しをして下さい
宜しくお願い致します

2019年3月13日水曜日

v4.4.2 ポーズ

V4.4.2でlayerにポーズを使用する場合はV4のパーソナリティに変更を加えます
1.パーソナリティエディターでデフォルトのパーソナリティV4.4 Layerをデュプリケイトします
2.Source/MediaPlayer/PauseのUpdate Onlyのスイッチ右(緑)にスイッチされているのを左にスイッチします スイッチはグレーになります
デフォルト
変更後

パーソナリティをSaveしてAuto Patchでパッチをします

照明卓のFixtureのデータも変更をします(今回はGMA2で行いました)

下記OUTPOINT(Clip PutPoint) 0->100に変更

下記LOOPOUTPOINT (Loop OutPoint)0->100に変更

設定は以上です
ユーザーの皆様はソフトウエアのTSJダウンロードURLからダウンロード出来ます










2019年2月26日火曜日

GMA2 OutPoint

V4.4.2のGMA2の操作方法です
今回からクリップのOutPointを卓からの操作の時に手順があります
GMA2のClip Outpointをエンコーダースピード Nomal で頭に戻し エンコーダースピードをUltraに変更して 所定のOutPointに持って行きます これは24Bit化されフレーム単位まで指定が出来るようになったからです
下の絵はエンコーダースピードを変更する窓(青丸)ですマウスでクリックすると変更できます



V4.4.2 リリース

Hippotizer V4.4.2がリリースされました
新しい機能の紹介をします

Xfadeモード
XfadeモードはV3についていた機能ですが、今回V4で新たに追加されました
V3のXfadeモードと大きく違うのは V3ではディスプレイのモードでXfadeを選んでいましたが V4ではLayer内のXfadeをセレクトする事で使用できます

下の絵のFadeTypeを選び Timeの指定をし 同じLayerでコンテンツを選びます

これで指定したクロスがかかり コンテンツは再生されます


さらに Takeボタンも追加され AutoFadeをOFFし FadeTypeを選び Timeの指定をし 同じLayerでコンテンツを選び Takeボタンを押すとコンテンツは再生されます


LayerにVideomap

LayerにVideomapが追加されました これにより PixelmapでVideomapの位置通りに
Pixelmapを出力したい場合に有効です 他にもHDが田の字に4つの4K設定でVideomapを行う場合に有効な手段です



マルチオーディオ

オーディオチャンネルを8chに振り分けられます MotuなどのオーディオインターフェースをV4に接続し Windowsの設定でドライバーをインストールしておきインターフェースが正しく動くようにしておく必要があります


ご質問などありましたら弊社熊谷までよろしくお願い致します。


2018年9月15日土曜日

Notch Video

Notch の効果をVideoにしました
ご質問等ございましたらお気軽にTSJ熊谷までよろしくお願いいたします。


2018年7月19日木曜日

V4.3.3 リリースのお知らせ

平素はメディアサーバー 「ヒポタイザーV4」をご愛用頂き 誠にありがとうございます。
さて、この度 英国グリーンヒポ社から 「ヒポタイザー V4.3.3」 が正式にリリースされました。
ユーザーの方はインストールファイル、資料等をダウンロードして頂きますよう宜しくお願い致します。
Datapathのインプットカード用パッチファイルもアップロードしてあります

よろしくお願いいたします

2018年6月8日金曜日

V4.3.2リリースのお知らせ


平素はメディアサーバー 「ヒポタイザーV4」をご愛用頂き 誠にありがとうございます。
さて、この度 英国グリーンヒポ社から 「ヒポタイザー V4.3.2」 が正式にリリースされました。インストールファイル、資料等をDropboxからダウンロードして頂きますよう宜しくお願い致します。

注意点
V4.2とV4.3はHIPPONETの互換がありません。
つまり、V4.2とV4.3では同じネットワークにあっても相手が見えないという事です。
もちろんV4.3同士 V4.2同士は問題なく接続できます。バージョンアップの際はお気を付けください

ファイルの内容、ご不明な点が御座いましたら、直接弊社までお問合せ下さい。
今回 新ソフトをご使用頂いたご意見ご要望、バグ等不具合が御座いましたら以降のヴァージョンアップ、及び新製品開発の貴重なご意見としてメーカーに報告致しますので、弊社までご一報頂けると幸いです。


2018年5月28日月曜日

FlexResTool

HippotizerV4&V4+メディアサーバー専用のコンテンツとワークフローを簡素化するFlexResツールを紹介します

FlexResコーデックシリーズ用のプラグインとユーティリティのセット:

• QuickTimeに依存しない
• Adobe Creative Suiteプラグイン
• サムネイルプレビューとスタンドアロンビューア
• レンダリングファームのサポート
• ロスレス&非圧縮メディアのサポート
• コマンドラインエンコーダー
• 超高解像度(最大16K)
• 最大4:4:4カラースペース
• アルファとHAPのサポート

ダウンロードはお問い合わせください
よろしくお願いいたします



2018年5月2日水曜日

Datapath FX4-SDI

V4で最近多い使用方法がDatapath社のFX4を使用して4Kの解像度を送出するシステムです



背面はこちらです


弊社でも取扱商品となっておりますのでお問い合わせください


2018年4月23日月曜日

パーソナリティーの修正

デフォルトのMixやViewportのパーソナリティを使用してカラーの数値が0.004やエフェクトの数値が0.502になっているのを直す方法です

DMXコンポーネントのパーソナリティエディターで問題のあるパーソナリティをデュプリケイトして数値を直します
DMX Min |DMX Max |Param Min | Param Max |
 0         |    255     |      0.00   |     1.00       |

これを+ボタンで行を増やして
DMX Min |DMX Max |Param Min | Param Max |
 0         |    128     |      0.00   |     0.50       |
 128     |    255     |      0.50   |     1.00       |

とします
分からないことありましたら弊社熊谷までご連絡ください